包茎手術で大事な病院選びは慎重に-broadbrook

- 包茎は病気なのか?


治療院比較


包茎手術に失敗はあるのか?

包茎は病気なのか?

包茎にコンプレックスを持っている人は多いかもしれません。
では包茎は病気なのでしょうか。
実は多くの包茎は病気ではありません。
日本人の多くは包茎の状態だと言われているのですが、病気だとされている真性包茎やカントン包茎になっている人はかなり少ないです。
医学的に病気だと判断されているものは、健康保険が適用できます。
そのため治療の際に健康保険が適用出来るかどうかで病気かどうかを判断するのがいいでしょう。
この場合、仮性包茎の状態では治療に健康保険を利用することはできません。
医学的に包茎とされているのは真性包茎だけです。
仮性包茎を包茎とするのは日本だけなようです。
真性包茎は日常生活に支障が出るので、健康保険が利用することができます。
真性包茎は包皮の内側を清潔に保つことができないため、性病にかかりやすい状況になっています。
また、性行為をすることが難しい人もいるでしょう。
この場合には生殖機能が異常だと判断されるため、健康保険を利用して治療することができます。
もちろんすべての真性包茎がこのような状態になっているわけではありません。
そのため真性包茎でも健康保険を利用して治療することができないということもありますし、仮性包茎でも健康保険を利用して治療することができることがあります。
また、カントン包茎の状態では健康保険を利用して治療することができるようになっています。
カントン包茎は仮性包茎や真性包茎の状態から無理やり包皮を剥こうとした場合に起こる症状のようなものになります。
包皮口が亀頭を締め付けているので、最悪の場合には気筒の細胞が壊死してしまうかもしれません。
カントン包茎になったらすぐに治療をするようにしましょう。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

Copyright(C)2014包茎手術で大事な病院選びは慎重に-broadbrookAll Rights Reserved.