包茎手術で大事な病院選びは慎重に-broadbrook

- 包茎は早漏なのか?


治療院比較


包茎手術に失敗はあるのか?

包茎は早漏なのか?

包茎で悩んでいる男性によっては、包茎は早漏だと思っている人もいるのではないでしょうか。
包茎は早漏だと考えられている理由としては、普段包皮につつまれている亀頭が、外部に刺激に弱くなっているというものがあります。
包茎の状態では通常時は亀頭が包皮に覆われているので、確かに言われてみれば外部の刺激に弱いかもしれません。
しかし実際に医学的にはどうなのでしょうか。
実は包茎の状態で通常時は亀頭が包皮に隠れているからといって、亀頭が敏感になってしまうということはないようです。
通常時は包皮につつまれていますが、性行為時には外気に触れることになります。
数分でも外気に触れていれば、亀頭は他の部分と同じような感覚になります。
特別敏感な状態で性行為をするということはないのです。
特に仮性包茎の場合には性行為時以外にも外気に触れることがあります。
そのため、早漏との直接の関係になるような敏感さはありません。
真性包茎やカントン包茎の状態になる場合には、亀頭が外気に触れていないということになります。
その状態で性行為をすると、快感よりも痛みが強くなります。
性行為どころではないでしょう。
早急に治療をする必要があります。
このように包茎と早漏は直接の関係はないようなので、包茎治療をしても早漏は改善されなかったという人が多いようです。
早漏は精神的な部分による影響が大きいようなので、まずは自分のコンプレックスを取り除くことによって、早漏が改善されるかもしれません。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

Copyright(C)2014包茎手術で大事な病院選びは慎重に-broadbrookAll Rights Reserved.